ホーム > 園だより“ろりぽっぷ” > やわらかくって気持ちいい 〜昔ながらのおもちつき〜

やわらかくって気持ちいい 〜昔ながらのおもちつき〜

こんぺいとう 754号 2009年12月11日

心配をしていた前日の北風も止み、もちつき日和に恵まれた8日、何日も前から楽しみに待っていたおもちつきが行われました。かまどをセットし、火を燃やし始めるとモクモクと煙が立ち込め、見守る子どもたちがけむいけむいと目をしばたきます。今年用意したもち米は50kg。つき上げたおもちは臼から取り上げられ、1人ひとりがころころと丸めてお土産用の丸もちを作りました。「あったか〜い」「やわらかくて気持ちいい〜」などと、いつまでもおもちを手放したくない様子でした。

この日のランチは、つきたてのおもち。のり、きな粉、納豆、あんこ、四種のからみもちをいただきました。1番人気はきな粉、今ひとつだったのはあんこでした。2日後のおしるこやさんには大勢の子どもたちが押し寄せていましたが、現代っ子の口にはあんこは合わなかったようです。

今回のおもちつきには、懐かしい方の姿がありました。平成3年からもちつきの指南をしてくださっていた金子さんのおばあちゃまです。孫が、スタッフの高根澤さんというご縁で、おじいちゃまと2人で昔ながらのもちつきの方法を教えていただいていました。ここ何年かは、ご高齢ということでもちつきも引退し、ご無沙汰しておりましたが、久々にお目にかかることが出来ました。
かっぽう着持参で、早速こねとりや丸もち作りを始めたおばあちゃま。「おばあちゃんの手は魔法みたい」と、お手伝いのお母様たちが声を上げるほど次々と丸もちを作り出す技はさすがと、うなってしまいました。
この秋に、おじいちゃまを亡くされたおばあちゃま。亡くなったという気がしなくて、気が付くとあぁそうだ、おじいちゃんはもういないんだ、と思うんですよとおっしゃっていました。もくもくと上る煙の中に、お元気だった頃のおじいちゃまの姿を見ていらしたのかもしれませんね。  

こんしゅうのろりぽっぷ子たち

もちつきの写真

もちつきの写真

もちつきの写真

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://fiverooms.heteml.jp/lollipop/wp-trackback.php?p=719
Listed below are links to weblogs that reference
やわらかくって気持ちいい 〜昔ながらのおもちつき〜 from 埼玉県さいたま市岩槻区の幼稚園|ろりぽっぷ幼稚園 園だより

ホーム > 園だより“ろりぽっぷ” > やわらかくって気持ちいい 〜昔ながらのおもちつき〜

ランチメニュー
ランチメニュー
園だより(2018年度版)
園だより“ろりぽっぷ”

ろりぽっぷ子たちの園生活の様子や保育について、ブログ形式でお伝えしています。

ばうの紙芝居
幼稚園へのご連絡は…
記事の検索
RSSフィード
Meta

ページの先頭へ

Copyright © ろりぽっぷ幼稚園 All Rights Reserved.
ホームページ記載の記事・写真等の無断転載・複製を禁じます。