ホーム > 園だより“ろりぽっぷ” > 心の居場所に… 〜カミングホーム2009〜

心の居場所に… 〜カミングホーム2009〜

こんぺいとう 745号 2009年9月11日

9がつのさわやかな風に乗って、園庭やお部屋のあちこちからリズミカルな音楽が流れてきます。そう、プレイデー(運動会)を前に、子どもたちが保育者をモデルに踊っているのです。群の外では、三輪車やスクーターを走らせながら背中で音を聞いたり、砂場で時折り踊っているお友だちをながめていたり、踊りの輪の中に加わっていなくても耳で、体で曲に親しむプロセスがプレイデーの初めの一歩です。
少しずつそんな時間を過ごすうちに、そっか、自分たちの学年はこの曲なんだなと認識し、クラスで帰りの会の時間に踊ってみたりしながら、プレイデーの一週間前頃には誰もが何となく踊れるようになっているというのが、ろりぽっぷ流プレイデーの練習です。

さて、話題は変わって、夏休み最後の土曜日に行われたカミングホーム(同窓会)の様子についてふれてみたいと思います。
今年も、208名の卒園生がカレーパーティやゲームなどで楽しい半日を過ごしました。中・高生の姿もあり、こんなに大きくなっても来てくれるのだとうれしくなってしまいました。
あるお母様からの手紙で、「朝送った時は、小さな子ども達がたーくさん歩いているのを見て、えー俺たちあんな中で食べるの〜?浮いちゃうな…。」などと、ややビビっていた2人でしたが、帰りの車の中では来年も行こうな!!と約束していました。きっと楽しかったのでしょう。とのお知らせをいただきました。
唯一の高校生のK君はビンゴで賞をもらい、インタビューで「好きな人はいますか?」と聞かれ、声変わりした魅力的な声で「いません。」と応えていて、あー、園児だった頃はあんなに泣きじゃくっていたのに、頼もしくなったものだと感無量でした。彼は毎年、夕涼み会やカレーパーティに顔を見せてくれ、彼にとってのもうひとつの居場所、帰ってこられる場所になってくれているのだと、勝手に想像しています。
もうひとつ、抱きしめてあげることしか出来なかった出会いもありました。生まれながらの身体的ハンディを抱えながらも、努力して何でもがんばって乗り越えてきた少女が壁にぶつかり、苦しんでいるという話を聞かされました。もう十分力を尽くしてきたんだよね、辛かったら少しゆっくりしてね、と声をかけるしかありませんでした。
かくして、様々な卒園児の成長の姿を見せてくれた夏が終わったのでした。

ろりぽっぷが心の居場所のひとつになってくれたら…という夢が、子どもたちの間に少しずつでもつながっていくことを祈っています。

カミングホーム2009
8月29日(土)に、ろりぽっぷを卒園したお友だちの14回目の同窓会(カレーパーティ)を行いました。
  • 1年生 56名
  • 2年生 45名
  • 3年生 43名
  • 4年生 17名
  • 5年生 27名
  • 6年生 14名
  • 中学生 5名
  • 高校生 1名
合計208名のお友だちが遊びに来てくれました。来年も皆に会えることを楽しみにしているよ!
今週のろりぽっぷ子たち

梨狩り 9月8日(火)木村梨園にて

〜ひとりひとつ、梨をもいで、皮をむいてもらって丸かじり!!〜

梨を丸かじり

梨を丸かじり

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://fiverooms.heteml.jp/lollipop/wp-trackback.php?p=633
Listed below are links to weblogs that reference
心の居場所に… 〜カミングホーム2009〜 from 埼玉県さいたま市岩槻区の幼稚園|ろりぽっぷ幼稚園 園だより

ホーム > 園だより“ろりぽっぷ” > 心の居場所に… 〜カミングホーム2009〜

ランチメニュー
ランチメニュー
園だより(2018年度版)
園だより“ろりぽっぷ”

ろりぽっぷ子たちの園生活の様子や保育について、ブログ形式でお伝えしています。

ばうの紙芝居
幼稚園へのご連絡は…
記事の検索
RSSフィード
Meta

ページの先頭へ

Copyright © ろりぽっぷ幼稚園 All Rights Reserved.
ホームページ記載の記事・写真等の無断転載・複製を禁じます。