ホーム > 園だより“ろりぽっぷ” > わくわくの遠足デビュー〜十三の塔へ〜【こんぺいとう年少版】

わくわくの遠足デビュー〜十三の塔へ〜【こんぺいとう年少版】

【年少版】こんぺいとう 737号 2009年5月29日

これ以上ないというほどのお天気に恵まれた26日、年少さんははじめての遠足に行ってきました。目的地は「十三の塔」、幼稚園からバスで10分足らずのところです。テーマパークや遊園地にお母さんと一緒に行く幼稚園も多いようですが、子どもたちが自分の足で出掛けてくるのがろりぽっぷ流。お母さんから離れて初めての遠足に、子どもたちはもちろん送り出すお母様方も期待と不安でドキドキだったことと思います。

「十三の塔」は周囲を田んぼにかこまれ、小さいながらも池あり、林あり、ちょっとした探検気分が味わえる、変化に富んだ場所です。池から流れる小川では、大きなカエルや今となっては貴重なメダカの群が子どもたちを出迎えてくれました。
今年の年少組のお友だちは何ともワイルド、池に牛乳パックをつっこんでの水遊び、田んぼの土手ののぼりおりと、体を良く動かして元気に遊びましたよ。

そして、遠足のメインイベントは、やっぱりお弁当。着いて10分もしないうちに「おべんとうは?」と聞く子がいるほど、みんなは期待でいっぱいです。「おなかをう〜んとすかせてからね。」となだめ…、いっぱい遊んだ子どもたちに「おべんとうにしよう!」と声をかけるのは、保育者にとっても嬉しい瞬間です。
自分でリュックからシートを取り出し、広げてお弁当を出し、手をふいて…。やることはたくさんで大変ですが、お家での練習が功を奏したのか、はたまたお弁当への期待感が背中を押したのか、年少さんとは思えないほどスムーズに支度が出来ました。そして、クラスごとに「いただきます」のご挨拶。「せんせい、みて〜!」の声がとび交う中、楽しいお弁当タイムとなりました。
その後のさらなるお楽しみは“おやつ”。ろりぽっぷ名物“おやつのとりかえっこ”デビューも果たしました。保育者が「とりかえっこしよう」と誘ってもキョトンとしている子、“とりかえっこ”が理解できずにもらう一方の子も…。年少組ならではのほほえましい姿です。かと思うとお友だち同士で上手に“とりかえっこ”している仲良しさんもいましたよ。

盛りだくさんの一日でぐったり疲れて…、でも、楽しい報告がたくさんあったことと思います。リュックの中がぐちゃぐちゃなのはご愛嬌、「自分でがんばったのね」と、あたたかく受け止めてあげてくださいね。

今週のろりぽっぷ子たち

kon737-5.jpg

お弁当を食べている子どもたち

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://fiverooms.heteml.jp/lollipop/wp-trackback.php?p=566
Listed below are links to weblogs that reference
わくわくの遠足デビュー〜十三の塔へ〜【こんぺいとう年少版】 from 埼玉県さいたま市岩槻区の幼稚園|ろりぽっぷ幼稚園 園だより

ホーム > 園だより“ろりぽっぷ” > わくわくの遠足デビュー〜十三の塔へ〜【こんぺいとう年少版】

ランチメニュー
ランチメニュー
園だより(2017年度版)
園だより“ろりぽっぷ”

ろりぽっぷ子たちの園生活の様子や保育について、ブログ形式でお伝えしています。

ばうの紙芝居
幼稚園へのご連絡は…
記事の検索
RSSフィード
Meta

ページの先頭へ

Copyright © ろりぽっぷ幼稚園 All Rights Reserved.
ホームページ記載の記事・写真等の無断転載・複製を禁じます。