ホーム > 園だより“ろりぽっぷ” > 見た目は悪いけど、おいしいよ〜昔ながらのお惣菜 五目おから煮〜

見た目は悪いけど、おいしいよ〜昔ながらのお惣菜 五目おから煮〜

ばう 702号 2008年6月6日

09年度から、新たな幼稚園教育要領が実施されます。
大幅な変化はありませんが、その中の「健康」の領域で、運動の充実と食育の取り組みが付け加えられました。

その内容は、「いろいろな食品を食べよう」「友だちと楽しく食べよう」「よく噛んで食べよう」と、言った基本的な指導が中心です。

ろりぽっぷでは、これまで独自に様々な取り組みをしてきましたが、戸外で体を十分に使ってお腹をすかせ、空腹の状態で食べさせる、園児が畑で栽培した野菜を食べるなどの工夫もしています。

食育と言うと大げさにとらえがちですが、日々、日常の中での営みが、子どもたちに伝わっていければ、と考えています。

さて、ろりぽっぷでは、ひじき煮、切り干し大根の煮物、切り昆布と大根の煮物、ごま和え、白和えなど、昔ながらのお惣菜を積極的にメニューに取り入れるようにしています。

先日、メニューのひとつに五目おから煮がありました。
見た目が地味であまり目にしたことがないからでしょうか、年長児でも箸が進みません。担任は、ひと口でいいから食べてみてね、と何度か声を掛けました。
おそるおそる口に運ぶ子どもたち。「あ、な〜んだ、おいしい。」と友だち同士、顔を見合わせ次々と食べ始めて、ほとんどの子どもたちがお皿を空っぽにしました。

子どもたちは、初めて目にした料理や見た目が地味で茶色っぽいものに対して抵抗があるのは当たり前です。そのハードルをどう越えるかは周囲の大人たちの後押しにかかっているように思います。
3歳児は幼い分、おだてに乗りやすく、言葉がけ次第でパクパク食べてくれるものです。
ところが、言葉のマジックの効き目は年長組になると薄れ、好みがはっきりする傾向にあるとはランチスタッフの分析です。

そして、面白いことに、年長組ともなるとお友だちの影響で食べたり食べなかったりもあるようで、仲間のひとりが「私これ食べない」と言うと、「私も」と同調したり。またその逆もあったり、食事の場にも仲間意識が生じているのも年長児ならではの姿です。

子どもたちの食事の傾向はおかず中心で、時代と共にごはんが従になっているようです。
このままでいくと、メタボ予備軍が心配されます。
ろりぽっぷでは、野菜を多く取り入れたおかずで白いごはんをたくさん食べられるといいなと考えています。

スローフードと言われるおふくろの味的な料理は、時代と共に食卓にのぼりにくくなっていますが、何かと子どもたちにも伝え続けていきたいと思っています。

食事はおいしく楽しく、そして食べることが好きな子になってほしいと願っています。

今週のろりぽっぷ子たち

baw702-1

恒例梅ジュース作り

ろりぽっぷでは七夕の季節にできあがるよう、梅雨入り前後に梅ジュース作りをします。

「おいしくなぁ〜れ」と実に竹ぐしを入れる子どもたちです。

baw702-2

作り方

とっても簡単!!
分量はアバウトでも、1ヶ月程で出来上がります。!!

  • 梅3Kgに対して砂糖1Kg、ハチミツ1ℓの分量
  • 梅を洗い、ヘタをとって容器に入れて砂糖とハチミツをまぜるだけ。
  • 泡が出てきたらお酢をいれてね。

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://fiverooms.heteml.jp/lollipop/wp-trackback.php?p=55
Listed below are links to weblogs that reference
見た目は悪いけど、おいしいよ〜昔ながらのお惣菜 五目おから煮〜 from 埼玉県さいたま市岩槻区の幼稚園|ろりぽっぷ幼稚園 園だより

ホーム > 園だより“ろりぽっぷ” > 見た目は悪いけど、おいしいよ〜昔ながらのお惣菜 五目おから煮〜

ランチメニュー
ランチメニュー
園だより(2017年度版)
園だより“ろりぽっぷ”

ろりぽっぷ子たちの園生活の様子や保育について、ブログ形式でお伝えしています。

ばうの紙芝居
幼稚園へのご連絡は…
記事の検索
RSSフィード
Meta

ページの先頭へ

Copyright © ろりぽっぷ幼稚園 All Rights Reserved.
ホームページ記載の記事・写真等の無断転載・複製を禁じます。