ホーム > 園だより“ろりぽっぷ” > 週刊園だより 通刊700号に寄せて

週刊園だより 通刊700号に寄せて

ばう 700号 2008年5月23日

平成2年11月に始まった週刊園だよりが、今週で700号になりました。
この間に流れた歳月は17年6ヶ月。よくもまあ、続いたものだと思っています。

着任した頃は、全園児34人。
各年齢1クラスずつで、三歳児は4人、担任の腕にすっぽり入ってしまう程の人数でした。

この頃は、遊びを中心とした保育への転換期でもあり、教育者達は泣きながら研修に明け暮れたと、今でも語り草になっています。

保護者の方たちも、年度途中での教育方針の方向転換に、随分と戸惑われたかと思いますが、何よりも我が子の顔が輝いて「ただいま」と元気に帰宅する姿に、安心なさったようでした。

そこで、園生活の様子をなるべくこまやかにお伝えしたいということで、園だよりの発行となりました。

通常の園だよりは月1回という常識を越えて、毎週、それもお子さんの実名入りというろりぽっぷ流のものになり、現在に至っています。

園だよりを手にした親御さんは、まず一番初めに目を通すのが、クラスだより。
我が子の名前を探す方が多いようです。
写真が果たす役割も見逃せません。
作る側も、なるべくたくさんの写真を掲載し、お子さんたちの笑顔をお届けできるよう、心掛けています。
一枚の写真が、千のことばよりも伝わることを信じて…。
さぁ、目指せ1000号。子どもたちの幸せを刻み続けていきたいと思います。

今週のろりぽっぷ子たち

baw700-1

たまごもらえなかった!!〜有精卵をもらって話し合い〜

21日、年長組が山口牧場にいってきました。

大きい組になったら玉子もらえるんだよねと、楽しみに出掛けましたが、今年は生みが悪く、全員分の数が揃いませんでした。

いただいた玉子は21個。さぁどうしよう。どう分けるか、みんなで考える事に…。

出ました出ました、いろんなアイデアが!

第1案は、ランチの時にみんなで食べる。
第2案は、子ども同士でじゃんけんで勝った21人が持って帰る。
第3案は、担任の先生がジャンケンして、勝った組の子がもらう。
その他、園であたためる、小さい組にもあげる、食べるのはかわいそう、などなど。

第1、2、3の意見で、子どもが自分の思った所に並び、多数決で決めました。

第3の意見が多く、保育者の中でじゃんけんとなり、くまぐみに決まりました。

ゲージで飼われ、生産コントロールされているお店の玉子と違い、山口さんのニワトリは庭で平飼いされているものです。
自然とは、人間の思い通りにならないのだということを感じた一件でした。

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://fiverooms.heteml.jp/lollipop/wp-trackback.php?p=52
Listed below are links to weblogs that reference
週刊園だより 通刊700号に寄せて from 埼玉県さいたま市岩槻区の幼稚園|ろりぽっぷ幼稚園 園だより

ホーム > 園だより“ろりぽっぷ” > 週刊園だより 通刊700号に寄せて

ランチメニュー
ランチメニュー
園だより(2019年度版)
園だより“ろりぽっぷ”

ろりぽっぷ子たちの園生活の様子や保育について、ブログ形式でお伝えしています。

ばうの紙芝居
幼稚園へのご連絡は…
記事の検索
RSSフィード
Meta

ページの先頭へ

Copyright © ろりぽっぷ幼稚園 All Rights Reserved.
ホームページ記載の記事・写真等の無断転載・複製を禁じます。