ホーム > 園だより“ろりぽっぷ” > ワイルドに鶏小屋に登ってキュウイもぎ

ワイルドに鶏小屋に登ってキュウイもぎ

ばう 681号 2007年11月16日

小春日和の木曜日、晩秋の山口牧場を年長組さんが訪れました。
色付いた木々の間に広がる三千坪の草はらに馬、ポニー、猪、山羊、エミュー、アヒル、ガチョウ、ニワトリが暮らしています。
ポカポカとした日差しの中でポニーがのんびりと草をはみながら、子どもたちを出迎えてくれました。

入り口に看板がない、門扉も柵もない、いつもながらの牧場風景ですが、なんとも言えず心地よい空気が流れていて、山口流のマジックにかかったような気分にさせられるから不思議です。

さて、今回の目玉はキュウイもぎ。
鶏小屋の植えに這わせたキュウイを屋根の上に上ってもぎ取るというワイルドなもの。
「しっかり登れ、落ちないようになっ」と山口さん。
トタン板が抜けないかハラハラ、ドキドキでしたが、子どもたちはそんな心配をよそに、思い思いに実を引っ張ります。
まだまだかたいけれど、しばらく待てば熟してくることでしょう。
1人1個ずつお土産にいただいてきました。

山口牧場にはどうやら独自の憲法があるようです。
「埼玉日報」創刊60周年企画「いま 埼玉を生きる」から抜粋して紹介させていただきます。

山口牧場の憲法第一条は「自分の身は自分で守れ」
(馬やトラクターに)乗って落ちるのが嫌なら落ちないように、
自分で方法を考えるしかない。
つまり第二条「習うより工夫しろ」
山口さん自身ものを習ったのは職業訓練校で習った溶接だけ。
車や農機具の修理から家の補修まで、果樹の接木も自分の手で工夫してきた。
そして第三条「泣く子に構うな。逃げる馬は追うな」
両方とも構わずにそっとしておけば、あちらから寄ってくる。
そのときに手を差し出せばふれ合いがうまれる。

四人兄弟の長男に生まれながら一人だけはみ出して人生を始めた山口さん。

1つだけ他人に自慢できることがある。

それは「いっぱい失敗した」こと。

そしてその失敗から一つ大きなことを学んだ。

「生きるのは知識ではなく知恵」ということ。

しかもその知恵を一番身につけているのは、実は文字を知らない動物たち。
だから「動物に学べ」と山口さんは言う。
「そして、もっと生きる力を身につけろ。それが身につけば、どんな時代が来ても負けない。
いや負けることにびくびくして、少なくとも明日の夜明けにひるむことはない」

11a.jpg

11b.jpg

11c.jpg

11d.jpg

11e.jpg

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://fiverooms.heteml.jp/lollipop/wp-trackback.php?p=27
Listed below are links to weblogs that reference
ワイルドに鶏小屋に登ってキュウイもぎ from 埼玉県さいたま市岩槻区の幼稚園|ろりぽっぷ幼稚園 園だより

ホーム > 園だより“ろりぽっぷ” > ワイルドに鶏小屋に登ってキュウイもぎ

ランチメニュー
ランチメニュー
園だより(2019年度版)
園だより“ろりぽっぷ”

ろりぽっぷ子たちの園生活の様子や保育について、ブログ形式でお伝えしています。

ばうの紙芝居
幼稚園へのご連絡は…
記事の検索
RSSフィード
Meta

ページの先頭へ

Copyright © ろりぽっぷ幼稚園 All Rights Reserved.
ホームページ記載の記事・写真等の無断転載・複製を禁じます。