ホーム > 園だより“ろりぽっぷ” > 文字や数よりも就学前に必要なことは・・・

文字や数よりも就学前に必要なことは・・・

ばう 682号 2007年11月30日

年長組は就学時健診も終わり4ヶ月後には学校生活が始まります。
第一子が入学という親御さんには、いろいろ気がかりなことも多いのではないでしょうか。
学校は登校時間が決まっていますから逆算して起床時間を決め、朝食、身支度を済ませなければなりません。
慈恩寺小学校の校長先生がかつて就学に向けて講演をして下さった時に、入学前に読み書きがどれだけできるかよりも、生活の自立、自分のことを自分でしようとする自発性を身につける事の方が大切とおっしゃっていました。
もし、大人に言われなければ身支度が出来ない、手を貸してもらっているという現状であれば見直す必要がありそうです。

それでは自分で何でもやってみようとする意欲をそだてるには、どうしたらよいでしょうか。
まず子どもにまかせてみること。
まかせるというのは、子どもを見守りながら口を出さない、手を貸さないということです。(放任ということではありませんので、念のため)
見守っていると、つい口を出したくなったり、手を貸したくなったりしますが、それをぐっとこらえるわけですから、お母さんにとっては大変辛く苦しいことです。
毎日のこととなると、子どもとのかけ引きもあり、難しいとわが身を振り返ってもそう思います。

授業中、椅子に座っていられるかしら という不安の声も耳にすることがあります。
年長になればかなり長い時間集中して話を聞くことも出来るようになってきますが、そこは個々の持ち味で、ちょっと落ち着きが・・・ね、と気になるお子さんがいることもあります。

椅子に座っているという形だけにとらわれず、話している内容をちゃんと理解できているかが問題です。
そこで問われるのは集中力と理解力、行動に移せるかですが、園でも1人ひとりの様子をよく捉え、足りない部分はあと4ヶ月の中でしっかりと力をつけていきたいと考えています。

学校では1クラスに1,2名ほどの割合(5~6%)で、LD(学習障害)、DHD(注意欠陥多動性障害)のお子さんがいるという文科省のデータがあります。
いたずらに気にしすぎる事はありませんが、もしそのような症例であれば、生きにくい思いをするのは子ども本人ですので、正しく理解し対応することで、学校生活がよりスムーズに送れることと思います。

小学校では最近、特別支援という体勢が取られるようになってきました。

11-30a.jpg

11-30b.jpg

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://fiverooms.heteml.jp/lollipop/wp-trackback.php?p=26
Listed below are links to weblogs that reference
文字や数よりも就学前に必要なことは・・・ from 埼玉県さいたま市岩槻区の幼稚園|ろりぽっぷ幼稚園 園だより

ホーム > 園だより“ろりぽっぷ” > 文字や数よりも就学前に必要なことは・・・

ランチメニュー
ランチメニュー
園だより(2019年度版)
園だより“ろりぽっぷ”

ろりぽっぷ子たちの園生活の様子や保育について、ブログ形式でお伝えしています。

ばうの紙芝居
幼稚園へのご連絡は…
記事の検索
RSSフィード
Meta

ページの先頭へ

Copyright © ろりぽっぷ幼稚園 All Rights Reserved.
ホームページ記載の記事・写真等の無断転載・複製を禁じます。