ホーム > 園だより“ろりぽっぷ” > 友だちに助けられて~保育日誌より~

友だちに助けられて~保育日誌より~

ばう 660号 2007年6月29日

水の張っていない空っぽのプールを眺め早く入りたいなーと
ずっと待っていた子どもたち。
水曜日からプールが始まりみんなごきげんです。

あっという間に来週は7月
子どもたちはお友だちとのつながりも出来てきて
年齢相応に楽しい毎日を過ごしています。
今回はそんな「友だち」に関する話題です。
子どもの成長や喜びは友だちの力によってもたらされるもの、
と強く感じさせられるエピソードです。

友だちの「おいしい」の一言で・・・3歳児のエピソード

野菜スティック、ほうれん草の胡麻あえ、子どもにとっては
あまり慣れ親しみのないメニューで始めのうちは
残す子どもがほとんどで「これキライ」「食べたくない」
という子が多かった。けれど、何人かが食べ始めて
「すごいね、たくさん食べたね」と誉めるとA男B男が
一口食べた。A男が「おいしい」と言うとそれを見ていた
周りの子C男、D男、E子も食べ始め「絶対食べない」と
言っていたF男も口にしていた。
友だちの影響はとても大きいなと実感した。

野菜嫌いの子が少し増えてきたがランチの時間
保育者や友だちと皆で食べることで
「一口食べてみようかな」という気持ちを持てるように
保育者のかかわりも工夫した声がけにしたり
子ども同士のかかわり、様子もみていきたい。
ランチの量など気になる子もいるので気をつけて
みていこう。   (3歳児 担任)

プール入れたよ、楽しかった!4歳児の言葉

G男は去年一度も入れず水着を着るのも泣いて
嫌がっていたようである。面談でも母が心配していた。
しかし水遊びが嫌いなわけではない。
お風呂も大好きということである。

今朝、登園するなり「プールバックいらない」と
保育者に渡してきたG男。すると心配そうに
「行こう?」とH男も声をかけてくれ話をしながら
3人で2階に行った。
着替えも戸惑ってはいたが他の子と一緒に
入ることができた。G男にとっては
“大きくて怖い”プールに入れたことはとても
大きな自信になると思う。
「プール楽しかった!」と声をかけてくれた。
(4歳児 担任)

カナブン、逃げちゃった5歳児のことば

朝、家で採ってきたカナブンがランチ後、皆に見せていたら
外へ逃げ出してしまう。ショックを受け大泣きのI男。
偶然J男が触っていた時に逃げ、J男は責任を感じ
必死に謝っていた。I男は「いいよ」と言いつつ
泣き止まず帰りの会まで泣いていた。
K男が「オレのカマキリやるよ」と言ったり
L男が「オレもトンボ逃がす」と採ってきたトンボを
逃がしたりと皆がI男のことを気にかけていた。

男の子たちは「裏庭にカナブンを探しに行こう」と
裏庭へ行く。皆の優しさが伝わり感動した。
K男は「カナブン逃げちゃったけど今度つかまえような!」
という手紙をI男に書いていた。
すてきな友だちが沢山いるI男を羨ましく思った。
(5歳児 担任)

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://fiverooms.heteml.jp/lollipop/wp-trackback.php?p=19
Listed below are links to weblogs that reference
友だちに助けられて~保育日誌より~ from 埼玉県さいたま市岩槻区の幼稚園|ろりぽっぷ幼稚園 園だより

ホーム > 園だより“ろりぽっぷ” > 友だちに助けられて~保育日誌より~

ランチメニュー
ランチメニュー
園だより(2019年度版)
園だより“ろりぽっぷ”

ろりぽっぷ子たちの園生活の様子や保育について、ブログ形式でお伝えしています。

ばうの紙芝居
幼稚園へのご連絡は…
記事の検索
RSSフィード
Meta

ページの先頭へ

Copyright © ろりぽっぷ幼稚園 All Rights Reserved.
ホームページ記載の記事・写真等の無断転載・複製を禁じます。