ホーム > 園だより“ろりぽっぷ” > キャンプの心配事 −和式トイレに慣れていない−

キャンプの心配事 −和式トイレに慣れていない−

あおぞら 811号 2011年7月8日

立葵(タテアオイ)の花が下から咲き始め、てっぺんまで咲くと梅雨が明けるという言い伝えがあります。ろりぽっぷファームの端にある立葵もてっぺんまであと数個。まもなくうっとしい梅雨も明けることでしょう。

7日の七夕はあいにくの天気でしたが、慾8日は、みんなの願い事を書いた短冊を燃やす七夕焼きを行いました。願い事が煙となって天まで届くという、これも先人の言い伝えによるものです。子どもたちのお楽しみは、自分たちも参加して作った梅ジュース。たっぷりの氷をいれてキンキンに冷やしていただきました。七夕に丸いものを食べると暑さを乗り切れるといわれています。丸い梅から出たエキスが、子どもたちを暑さから守ってくれるといいですね。

さて、今学期もあと一週間で終わりますが、夕涼み会・年長のキャンプと大きな行事が残っています。恒例のキャンプも子どもたちにとっても、親御さんにとっても、ちょっとドキドキなのではないでしょうか。今年も親御さんからの心配事がいろいろと寄せられています。
おねしょが心配、家以外のトイレで排便をしたことがない、特に和式の便器での経験がない(キャンプ場は和式)、おしりが拭けないなど、トイレの問題が多いようです。おむつが必要なお子さんには、友だちの目に触れないよう対応しますので、安心して下さい。外のトイレには、外出先での経験を今から積みましょう。

今年も大きなお風呂に入ります。一般の人たちとも一緒になりますので、お風呂のマナーもご家庭で教えていただくと良いかと思います。湯船に入る前には手足、おしりなどよく洗ってから入る、タオルは湯船に入れないよう、そしてタオルを絞る、体を拭くということも自分で出来るよう、今から練習しておくといいですね。

ついついお家ではやってあげてしまうことが多いかと思います。年長の今頃のお子さんは、かなりのことが自分で出来る力を持っています。就学に向けて自立へのチャンスですから、ここはぜひ、おこさんに任せてみましょう。
3、4歳児のお子さんたちも、キャンプは遠い先のことに思えますが、「年長になったらキャンプ」と目標に、見通しを持って、少しずつ出来ることを増やしていけるといいですね。

今週のろりぽっぷ子たち

みんなの願い事がかないますように…(七夕飾り作り:3歳児)

七夕飾り

立葵(タテアオイ)

立葵(タテアオイ)

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://fiverooms.heteml.jp/lollipop/wp-trackback.php?p=1075
Listed below are links to weblogs that reference
キャンプの心配事 −和式トイレに慣れていない− from 埼玉県さいたま市岩槻区の幼稚園|ろりぽっぷ幼稚園 園だより

ホーム > 園だより“ろりぽっぷ” > キャンプの心配事 −和式トイレに慣れていない−

ランチメニュー
ランチメニュー
園だより(2017年度版)
園だより“ろりぽっぷ”

ろりぽっぷ子たちの園生活の様子や保育について、ブログ形式でお伝えしています。

ばうの紙芝居
幼稚園へのご連絡は…
記事の検索
RSSフィード
Meta

ページの先頭へ

Copyright © ろりぽっぷ幼稚園 All Rights Reserved.
ホームページ記載の記事・写真等の無断転載・複製を禁じます。