ホーム>園だより“ろりぽっぷ” > アーカイブ > 2008-01

2008-01

赤ちゃんが誕生して誰もが一度は手に取る育児書

ばう 688号 2008年1月25日

皆さんはどんな育児書をお持ちでしょうか。
私は松田道雄著の「育児の百科」でした。
核家族でしたから、何か変わったことがあると育児書と首っぴきでため息をついたり、ホッとしたりと、頼りがいのあるおばあちゃん的存在がこの本でした。

松田道雄さんは医者にして思想家。
1967年初版ののち、2003年までに6刷を重ねています。
私が手に入れたのは初版本でしたが2人の子育てに活躍した後、義妹や友人の手に渡り、いつしか子どもの成長とともに書棚から姿を消していました。
その育児書に再びめぐりあったのは、2年前のことです。
書店で随分探してやっと手に入れることができました。

ページをめくりあることばに再会した時、私の育児の原点はここにあったのだと思いを強くしました。
それは著書の「できる限り子どもの立場に身を置いて、育児を考える」ということばです。
思いかえせば赤ちゃんの発達についても杓子定規に、”何ヶ月になったらこれが出来なくては”という考えではなく、成長の様子にはさまざまなタイプがあっていい。
子どもの個性を尊重しなければならないなど、未経験な私は随分励まされたものでした。

この本のひとつ変わったところは集団保育を取り上げていることです。
松田道雄さんは

3,4歳の子どもにエネルギーの自由な発散をさせ楽しませ、かつ安全であるためには広い場所に出してやるのが一番いい。できるだけ大気の中で、大地の上で自由に遊ばせたい。
生き生きした子どもをつくるためには、子どもが自由意志で友だちと遊べる空間を与えねばならぬ。
大人に管理されない安全な空間を、どうしてつくるかが集団保育のこれからの問題だ

と述べています。また、

幼稚園や保育園が小中学校の教育よりすぐれているのは、人間関係の教育を優先させられるという点にある

幼児期の大事な時に、学校スタイルの保育を受けている子どもは、仲間と協力することを知らない人間に育ってしまう

とも。

本書の中の松田道雄さんの こうあってほしいという思いと
ろりぽっぷとの共通点をいくつも発見し
私自身がいかに深く影響を受けていたかを再認識させられました。

この育児書は150万人の読者を得て今なお多くのお母さんたちから
支持されています。父母用図書としてろりぽっぷ文庫に常備して
ありますのでぜひ一度手に取ってみてください。

(「育児の百科」 岩波書店 3800円)

snow1.jpg

「雪ってどんな味がするかな?」
あちらこちらで大きな口を開けている子ども達
1-28.jpg

10円玉のお年玉を握りしめて

ばう 687号 2008年1月18日

木曜日の朝 カーテンを開けるとうっすら雪化粧。
毎年暖冬だと言いつつも冬の寒さを実感する季節となりました。
「氷ができていたよ!」と素手で持ち見せに来てくれた子どもたちの姿にたくましさを感じます。

さて 新年はご家庭でもお年玉をもらう機会も多かったと思いますが、ろりぽっぷでも少し遅ればせながら「お年玉」を渡しました。
と言っても10円玉硬貨を年少、年中組のお友だちには3枚、年長組のお友だちには5枚です。
そしてそのお年玉を使い、お店屋さんで買い物の体験をしました。

はじめに先週の金曜日には年少、年中組が担任から手渡されたお年玉袋を手に”待ちきれない”と言った感じでホールにやってきました。
動物のお面をかぶったバスのおじさんが売り子となり、「動物のお菓子屋さん」の開店です。

自分の好きなお菓子をすぐに決める子もいれば、じっくり全部のお店をまわって決める子もいて、遊び方も千差万別。
お年玉袋からお金を出しておじさんに渡すときの目は、誰もが嬉しそうで輝いていました。
自分で選んだお菓子は大事にクラスに持ち帰り、「OOくんはゼリーが好きなんだね」などとお友だちと見せ合いながら食べる姿は、とても微笑ましかったです。

週が明けて火曜日には年長組みの番です。
「本物のお店に行くよ」と担任の声に「本当に?!本当のお店!!」と沸き立ちました。
そして50円の入った袋を握りしめ、去年からお世話になっている近所の「もりたやさん」へ足どりも軽やかに弾むように向かいました。

お店のおばさんのご好意で店先には所狭しと並ぶ沢山のお菓子。
「欲しいのがいっぱいあるから我慢しなくちゃ!」とつぶやく子も・・・
カゴをお借りし自分で選んだものを入れていきます。
今回は10円のお菓子だけではなく、20円、30円のもあります。
子ども達は「今もらった50円でどれを買おうか?」真剣そのもの。
30円のお菓子を買ったからあと20円買える・・・など、頭の中で足したり引いたり、友だちと相談したり、指を使って計算する姿も見られました。

選んだお菓子が「50円分あっているね」とお店のおばさんに言われると、とても嬉しそうな表情になっていたのが印象的です。
クラスに戻るとテーブルを囲みわいわいと言いながら食べていました。

子どもたちにとっては大枚のお金よりも、まるい小銭の方がずっと楽しく身近に感じられたようです。
ご家族の生活の中でも家族で果物を分けあったり、買い物をしたりなど、具体的な場面で数とふれあう機会があるといいですね。

1-a.jpg

1-b.jpg

親子セミナーでは助産師さんに「赤ちゃんのはなし」をしていただきました。

1-c.jpg

あけましておめでとうございます

ばう 686号 2008年1月9日

本年もよろしくおねがいいたします。

今年もひとりひとりを大切に、子どもたちが心から楽しめる幼稚園でありたいと思います。

さて 3学期は1年の締めくくりの学期です。
あんなにやんちゃだった3歳児も随分と落ち着いて、友だちとのつながりももてるようになってきました。
何でもやってみようという意欲満々の4歳児は、集団の中での自分の位置をしっかり確保しつつあります。
そしてあと2ヶ月余りで卒園の5歳児たちは秋口から冬にかけて、園の外へでて社会に目を向けることで随分と大人になり自身に溢れてきています。

それぞれにめざましい成長を見せてくれていますが、こんなエネルギッシュで個性豊かな子どもたちと3学期をどんな風に過ごそうか考えるだけでワクワクしてきます。

私たちスタッフも、たくさんの思い出と夢を作るために、今年も精一杯心をつくしていきたいと思います。

子どもたちの笑顔からもらうものは・・

  • 元気の源
  • がんばろうって思える
  • 喜びややりがいを感じる
  • 癒しです
  • 心の支え、生きる支え
  • パワー
  • もっと笑わせたいと思う気持ち

笑顔に支えられて今年も頑張ります

08-1.jpg

新しい年も子どもたちの輝くような笑顔を守りたい

ばう 685号 2007年12月21日

「今日はろりぽっぷにサンタが来るのよ」
「えっ 夜じゃないのに?」
「知ってるよ バスのおじさんだもんね」

などなど、登園してきた子どもたちとの会話です。
サンタさんは信じないと来てくれないんだよ、と言っていた子もいましたが、子どもたちにはウキウキする特別なイベントなのですね。

さて2007年も残り少なくなってきました。
今年は地球温暖化や食品の不正表示、年金問題など明るいとは言えない事柄がとりざたされました。
小児科、産婦人科医の減少、ガソリンの値上げなど、直接暮らしに関わる不安を抱えたままの年越しとなりそうです。

ともあれ、大人たちの憂いをよそに、子どもたちは何の屈託もなく生き生きと動き回り楽しんでいます。
そんな子どもたちの輝くような笑顔を守り続けていきたいものです。

皆様 よいお年をお迎えください。

12-21.jpg

12-21a.jpg

ホーム>園だより“ろりぽっぷ” > Archives > 2008-01

ランチメニュー
ランチメニュー
園だより(2018年度版)
園だより“ろりぽっぷ”

ろりぽっぷ子たちの園生活の様子や保育について、ブログ形式でお伝えしています。

ばうの紙芝居
幼稚園へのご連絡は…
記事の検索
RSSフィード
Meta

ページの先頭へ

Copyright © ろりぽっぷ幼稚園 All Rights Reserved.
ホームページ記載の記事・写真等の無断転載・複製を禁じます。