ホーム>園だより“ろりぽっぷ” > アーカイブ > 2007-07

2007-07

もうすぐ 夏休み

ばう 671号 2007年7月18日

大好きなプールも今学期は5回しか入ることが出来ず
毎日雨空をうらめしそうに眺めていた子ども達。
夏らしい陽射しが待ち遠しい今日この頃です。

16日には突然大地がグラリと揺れて驚かされましたが
ゆるみがちだった防災に対する日頃の備えを
再確認した次第です。

さて、1学期が終了し、夕涼み会、年長キャンプと
大きな行事が続きます。
年長さんは持てる力を最大限発揮する野外活動、
キャンプにチャレンジします。

幼稚園児が1泊キャンプするの?とよく驚かれますが
ろりぽっぷ子にはそれをやり遂げる力が備わっているから
親元を離れてのキャンプも可能なのです。
外泊はちょっと不安だけどでも、大好きな友だちや先生と
一緒だからきっと大丈夫。カレー作りだって3歳の頃から
包丁を使っていたからお手のもの。

何よりも一人ひとり、今、何をすべきかを考える力や
行動する力が信じられるってなんて素敵なことでしょう!

一夜明けた子どもたちの自信に溢れた顔・・・
一回り大きくなったように見えるたくましい姿を
ぜひお楽しみに!

d0117898_19143650.jpg

みんなの願い 天まで届け~七夕焼き

ばう 670号 2007年7月6日

タチアオイの花が下から順に咲いててっぺんまで咲いたら
梅雨が明けると昔の人は言いました。
今年は・・・?というと咲き方がバラバラ、どうも変なのです。
真夏日が早々と来すぎて雨が少ないという気候の変化が
原因なのでしょうか。いつもと違う夏が待っていそうで
気になる現象です。

さて、6日には一足早く七夕焼きを楽しみました。
七夕焼きとは七夕の翌日、願い事を書いた短冊を集めて
燃やすと、その願いが煙となって天に届き願い事が
叶うという古事から始まったものです。

短冊には「ぞうさんになりたいな」「とかげをつかまえられますように」
「どうぶつえんにいきたい」「おともだちがたくさんできるように」
「いちりんしゃがすごくじょうずになりたい」などなど
微笑ましいもの、現実味が溢れているものなど
子どもたちの思いがいっぱい詰まっています。

薄紫の煙が空を仰いでいくのを見送った後は
みんなで1ヶ月前に仕込んだ梅ジュースを飲みました。

七夕に丸いものを食べると暑い夏を乗り切れるという
ことわざがあります。丸い梅から溶け出したエキス
たっぷりの梅ジュースは、七夕の頃の
ろりぽっぷの味として子どもたちの心の中に
残ってくれることでしょう。

d0117898_1954776.jpg

d0117898_196951.jpg

d0117898_1962853.jpg

ホーム>園だより“ろりぽっぷ” > Archives > 2007-07

ランチメニュー
ランチメニュー
園だより(2017年度版)
園だより“ろりぽっぷ”

ろりぽっぷ子たちの園生活の様子や保育について、ブログ形式でお伝えしています。

ばうの紙芝居
幼稚園へのご連絡は…
記事の検索
RSSフィード
Meta

ページの先頭へ

Copyright © ろりぽっぷ幼稚園 All Rights Reserved.
ホームページ記載の記事・写真等の無断転載・複製を禁じます。