ホーム>園だより“ろりぽっぷ” > アーカイブ > 2007-05

2007-05

遊びたい かしてほしい・・・でもうまく言えない

ばう 664号 2007年5月25日

門から玄関まで続く緑のトンネルをくぐって
今日も子どもたちが元気に登園してきます。

新年度が始まりようやく一ヵ月半が過ぎようとしています。
子どもたちも緊張がほぐれて本来の姿を見せてくれるように
なってきました。少しずつ生活にも慣れてきて
友だちへの関心も芽生えつつありますが、その分トラブルや
怪我が増えてきています。

特に集団生活に慣れていない3歳児のお子さんなどは
遊びたい、かかわりたい、という関心の表現の一つとして
手が出たりすることが多くなってきました。
また欲しい遊具が目に入るといきなり取ってしまったり
自分の気持ちがうまく言葉で伝えられず
つい先に手が出たりという場面も見られます。

まだ人間関係がしっかり結べていない分、
トラブルもささいなことから始まることが多く
保育者もお互い怪我をしないように見守りながら
「かしてって言うといいよ」とか
「お友だちがいやだって言ってるよ」とか
間に入って気持ちを伝えるなどの援助をしています。

いろいろなやりとりの中で時には引っかき傷や
歯形をつけて帰る場合もあるかと思います。
親御さんも我が子がケガをして帰れば
驚かれるのは当たり前。園ではケガの理由や
友だちとのやりとりなど、出来るだけ詳しく
お知らせするように心掛けています。

ケガをさせてしまった相手方へ知らせるのは
ケガの大きさや状況などに応じて
知らせるべきかどうかよく検討し対応しています。

心穏やかではいられない親御さんの気持ちは
よく分かりますが、今回はやられてしまったけど
いつやってしまう側に回るかもしれないのが
子どもの世界。子どものトラブルはお互い様よ、
とおおらかに受け止めてくださると嬉しいのですが・・・

ともあれ、このような姿も成長と共に落ち着いてくるものですが
頻繁に手が出ることが続く場合は、親御さんとも相談しながら
原因をさぐり、どのように対応したらよいかを考えていきます。

時には赤ちゃんの誕生や親の兄弟への対応の不満、
親子関係、友だち関係が原因だったりもします。
心の中に何かうっ屈するものがあれば
荒れてくるのは当然です。
いずれにせよ、子どもの心の内を汲んでやり、認め、
かわいがってあげることが、落ち着きを取り戻す
一番の方法であると思います。

5-30.jpg

5-30b.jpg

5-30c.jpg

有精卵をめぐっていろいろなドラマが・・

ばう 663号 2007年5月18日

野菜くずやパンの切れ端を持って年長さんが15日(火)
山口牧場に行ってきました。
ポニーやダチョウ、イノシシ、ヤギなどにエサをやったり
ポニーやトラクターに乗ったり楽しいひとときを過ごしました。

帰り際にお土産でいただいた有精卵、これがまた一騒動。
半数の子は何とか割らずに家に持ち帰りましたが
ご家庭でも様々なドラマがあったようです。
その一部を紹介させていただきます。

d0117898_516357.jpg

d0117898_517450.jpg

d0117898_517402.jpg

d0117898_518213.jpg

d0117898_5182368.jpg

d0117898_5184281.jpg

5-20a.jpg

5-20b.jpg

手作りおかしでお祝い~誕生会~

ばう 662号 2007年5月11日

連休前には花いっぱいだったろりぽっぷの庭が
今は緑一色に変わりました。
その色も薄い緑から濃い緑と幾重にも重なり合ってそれは見事です。
心地よい風が渡る大きく広げた枝の下は恰好の遊び場。
日陰を求めてみんなが集まります。
「木陰の心地よさを子どもたちに知らせたい」という
園庭作りのコンセプトが少しずつ実り始めています。

さて水曜、木曜と子どもたちはお誕生会を手作りお菓子で
祝おうと、年齢毎の取り組みがありました。
三歳児カナッペ、四歳児クッキー、
五歳児フルーツたっぷりのヨーグルトゼリーです。

ろりぽっぷでは毎月、その月に生まれたお子さんの
お誕生会を行っています。
三歳児は年間を通じて各クラスで、
四歳児は各クラスから初めて年間の半ばから
学年3クラス合同で、五歳児は年間を通じて
3クラス合同でと子どもたちの、成長に合わせた
誕生会が行われています。

誕生月のお子さんは手作りの冠や手形、写真入りの
お誕生ブックがプレゼントされます。
誕生会では一人ひとりへのインタビュー、
そして保育者からパネルシアター、ペープサート、
劇などのプレゼントもあります。

こうした誕生会を体験することで、お友だちの喜びを
共に喜ぶ、共感の気持ちが育ち、今度は自分の番だね、
と楽しみに待つ気持ちも生まれてきます。

子どもたちの楽しみは誕生会でいただく手作りのお菓子。
このお菓子は前日、または当日保育者と一緒に
作ったものです。お菓子つくりの作業は、みんな一緒に
作る喜びを育てていくと共に園の教育方針である、
なまの体験を通じて、生きる力を養うための
大切な活動となっています。

子どもにとって大好きなお菓子を作ることの中から
いろいろな食材や道具の使い方、混ぜる、泡立てる
塗る、切る、などの方法を楽しみながら学びます。

年齢に応じてままごとナイフから始まり
ステーキナイフ、果物ナイフ、包丁へと
段階を経て危険な道具をどうしたら安全に
扱えるかなども学びます。

お菓子作りの工程をすべて自分たちで
というのではなく無理なく出来ることを
保育者と一緒にやっていく中で経験を積み上げ
料理への興味、そして食文化へ関心を向けて
欲しいと願っています。

それはさておき、何よりのお楽しみは
自分たちで作ったお菓子を食べることができる、
そのひとことにつきるようです。

ホーム>園だより“ろりぽっぷ” > Archives > 2007-05

ランチメニュー
ランチメニュー
園だより(2018年度版)
園だより“ろりぽっぷ”

ろりぽっぷ子たちの園生活の様子や保育について、ブログ形式でお伝えしています。

ばうの紙芝居
幼稚園へのご連絡は…
記事の検索
RSSフィード
Meta

ページの先頭へ

Copyright © ろりぽっぷ幼稚園 All Rights Reserved.
ホームページ記載の記事・写真等の無断転載・複製を禁じます。