ホーム>園だより“ろりぽっぷ” > 週間 “ばう”

週間 “ばう” アーカイブ

みんなに出会えてよかった〜卒園おめでとう〜

ばう 730号(年長最終号) 2009年3月13日

あたたかい日差しの中で、さんくらんぼの花が白く光って、ひと足早い春を告げています。
さて、年長さんはいよいよ19日が卒園式です。
一人ひとりの顔を思い浮かべながら進めてきた準備も整い、当日を迎えるばかりになりました。

年長組の子どもたちは、この1年間に驚くほどの成長を見せてくれました。
これまでの道のりには、様々な心の葛藤があったことは、言うまでもありません。

新しいクラスに慣れず、浮かばない顔をしていた子、自分の気持ちを相手に伝えられず悶々としていた子、遊びたいけれどうまくいかないと苛立つ気持ちを持て余していた子、グループの力関係で悩んでいた子、ありのままの自分を出し切れず、ちょっと無理をしていた子。
そして今、一人ひとりが泣いたり笑ったりけんかしたり、保育者の心のうちを聞いてもらったり抱きしめてもらったりしながら、自分の気持ちに折り合いをつけることを学び、見事に乗り越えてきました。

素晴らしいのは、子ども同士お互いが影響し合い育ち合って、その成長がもたらされたものだったということです。

日々、友だちとどうしたらうまくやっていけるか、人として大事なことを学んできた子どもたち。
人は一人では生きられないものです。誰かとふれ合いながら生きていく中で、相手の気持ちや心の痛みを分かってあげられる人になってほしいと願っています。

やわらかい感性と思いやりに溢れていた71人の年長さんとともに過ごすことのできた私達は幸せでした。
子どもたちから喜びと力をもらいました。こんな素敵なろりぽっぷ子に出会えてよかった。

心を込めて、卒園おめでとう。そして、さようなら…。

もうすぐ進級

ばう 730号(年少・中最終号)2009年3月13日

木曜日、少し風は強かったものの、ぽかぽか陽気の中岩槻公園へお別れ遠足に行ってきました。
年長さんと共に行く最後の遠足です。

「やってあげるよ。」 とお菓子の袋をあけてくれる年長さん、片付けの時シートをたたむのに四苦八苦しているこのそばにすっと寄っていってリュックにしまってあげている年長さん。
こんな場面がいたる所で見受けられました。

年下のお友だちに優しさをたくさん分けてくれた年長さんとも、あと4日でお別れです。

さて、年少・年中のお友だちも、もうすぐ進級です。

あっちこっちに散らばるひよこちゃんたちを、大きな羽根で包み込むように育ててきた年少さんたちも、今ではしっかりと身の回りのこともできるようになったり、静かに座っていられるようになったりと、この一年間のさまざまな成長ぶりは、目を見張るばかりです。

一人ひとりが自分で楽しんでいた世界から、友だちに目を向けるようになった年中さん。
今年の傾向として、しっかり者の女の子、ちょっと甘えん坊の男の子が多かったようですが、さて、年長さんになったらどんな成長をみせてくれるのでしょうか、楽しみですね。

チューリップが咲き誇る頃、新しい学年になったみんなに会えることを心待ちにしています。

全文を読む

みんなの力を信じて〜上野まで 自立の旅〜

ばう 729号 2009年3月6日

早いもので、年長さんの園生活もあと9日。卒園が迫ってきました。
年長さんの最後の思い出として、自立への旅に出掛けてきます。

全文を読む

2009年3月のランチメニュー

2009年3月のランチメニューです。

画像をクリックすると大きく表示されます。

印刷される方は、ここからpdfファイル[1.2MB]でダウンロードしていただけます。

自分で切符買えたよ〜年中組 電車デビュー〜

ばう 728号 2009年2月27日

「見てみて、ホラ!」と差し出された男の子の手には、ボールペンで書かれた丸が3つ。
よく見ると、50、10、10と硬貨らしきものが…。

「あっ、分かった、明日電車に乗る時のお金ね。」
「うん、そうだよ。」と嬉しそうな表情を見せて、男の子がうなずきます。
「楽しみね。」と言うと、「うん。」と答えながら去っていきました。

全文を読む

ホーム>園だより”ろりぽっぷ” > 週間 “ばう”

ランチメニュー
ランチメニュー
園だより(2017年度版)
園だより“ろりぽっぷ”

ろりぽっぷ子たちの園生活の様子や保育について、ブログ形式でお伝えしています。

ばうの紙芝居
幼稚園へのご連絡は…
記事の検索
RSSフィード
Meta

ページの先頭へ

Copyright © ろりぽっぷ幼稚園 All Rights Reserved.
ホームページ記載の記事・写真等の無断転載・複製を禁じます。